百白 Nam, Jong Hyun Solo Exhibition

百白 Nam, Jong Hyun Solo Exhibition

2018. 10. 10 (水)〜 10. 15 (月)

11 : 00  ~  18 : 00   (最終日 16 : 00 まで)

IMG_2604

作家ノート(artist note

写真は光で描く絵である。

私は主に風景と静物を撮る。風景というのは流れる時間を記録する方法で、静物というのはその被写体が持つ内面の精神を表現する方法である。いずれも風景と事物の本質に近づけるための私ならではの努力であり、拘りである。

 特に、静物写真は、最も魅力的でありながらも試験も実験も試みも失敗も多かった作業であった。

物事は、通常の写真で記録する際、光と影、すなわちコントラストで存在感を表現することが多いが、私はそのような再現の方式ではなく、機能から離された本来の姿を表現するために、最大限のコントラストと影を目と手から削除する方式でそれらを記録した。

写真で物事を記録するためには、必然的に存在すべく影を消すこと、その影ではなく余白を通して、私は事物にさらに近づくことができた。

その影を消し、余白を満たす時間を過ごしながら、写真を表わす基である印画紙として韓紙を選ぶことにした。影を消した物事が韓紙の上に描かれ、千年の絵である水墨画の様に感じられ、静物写真が本来の位置を見つけた様な確信を持つようになった。
百紙とも呼ばれる韓紙は、その字に【白】ではなく、【百】が使われる理由は、椿を切って、蒸し、煮て、乾かし、剥き、また煮て、叩いて、紙を開いて、乾かして、また叩く、のべ99回の工程を経て最終的に紙を使う者が100回目の工程として仕上げるという話を聴いて、私が描きたい静物がおさまる処はまさにここであるという結論に至った。

物事をじっと覗き込んでいると、百の心と百の考えが交差し、それを完全に自分の視線で残したい欲が百の時間が積もった韓紙に出会い、物事が持っている本来の美しさが欲ではなく、絵としてよく染み込まれた感触を受けたりする。

古い語源のように写真は、光で描く絵である。沈黙する物事が私の写真を通して韓紙に染み込まれ、その心が写真を鑑賞する人々の心に美しく伝えられたら、幸いである。

 

Hangeul Calligraphy Exhibition

Hangeul Calligraphy Exhibition

ハングル カリグラフィ展

ハングル字 展示会

Gim Min Gyeong , Seo Je Jeak , So se Young , Shin Ju Young , Oh Yea Ji

Lee Yeon Suk , Im Jae Gon , Jeong Yoon Hee , Hwang Jung Hee

9月12日(水)〜9月17日(月)

11:00 〜 18:00

(最終日は16時まで)

休廊日:火曜日

???????

ハングルの美しさを花が咲くような文字で表現した

ハングルカリグラフィーである「ソンモッグルシ」の展覧会です。

ワークショップ

9月13日(木)〜17日(月)

13:00  ~  14:30

5回 90分 参加費 5,000円

2個作ります

<申し込み>

E-mail  :  azabujuban_gallery@yahoo.co.jp

LINE  :  greencar1231

#電話での申し込みはお断り致します。

356 (2) ヌムチ貮簔ヲ1

ハングルカリグラフィー「ソンモッグルシ손멋글씨」展示会

「字花一凛を咲かせる」

展示内容

美しいハングルを、ハングルの子音、母音の造形性にモーティブを与え文字が一つの花が咲いているように表現した作品展示会で、様々な種類の韓紙(韓国の紙)を活用したハングルカリグラフィー「ソンモッグルシ」の作品展示会です。

作家ノート

多くの国々は、国ならではの言語と文字は持っていても、独自的でオリジナリティがある文字を持っている国は多くありません。

しかし、韓国には固有の文字であるハングルがあります。ハングルは言葉を文字で容易に伝えることと書けることができる文字の一つであり、その上に文字の形態の面でも他の文字とは違う独特な配列方式があり、多様な表現で、より多くの自由な表現の言語を持って伝えることができ、美しくて豊富な世界を享有することができると思います。

2018年9月12日 カㇺジャン 徐在積

■ハングルワークショップ&体験

2018年 9月 13日から 13:00~14:30 総5回、90分

■ワークショップの内容

-美しいハングルの創製の原理、背景

-ハングルの子音と母音の形態と表現方法

-ハングルが持っている特徴及び音の形態と表現方法

-実際に習って書いて表現してみる

-韓紙の体験用等、自分の芳香剤にハングルを書いて作る。(体験)

展示作家プロフィール

徐在積 Seo,JeJeak 全州大学校 文化産業大学院韓紙文化産業学科修士現「ソンモッグルシ研究所 カㇺジャングルシ」代表韓国ソンモッグルシデザイン協会会長

団体展15回、個人展3回 著書『モッグルシよ遊ぼう』外4種

金旻勁 Gim,MinGyeong 韓南大学校 経済学科卒業現「ムンドゥクカリグラフィー」代表現「イエム社会サービス教育開発院カリグラフィー」大田支部長

団体グループ展2回

蘇世永 So,SeYoung 忠南大学校教育大学院相談教育修士現NGO団体「グリンアイビー」代表団体展3回,釜山地方気象庁公募展入賞

詩集『おまえにもう一度』共著

申株榮 Shin,JuYoung 現「グルシ工房スダム」代表現全州市選定手工芸作家ハンヤン美術大展招待作家

団体グループ展9回

叡智 Oh,YeaJi 全北大学校土木工学科卒業団体グループ展3回『七二二十四 十四グラム』共著
李娟淑 Lee,YeonSuk 漢陽大学校 師範大学国語教育科卒業前高等高校国語教師現「韓国芸術文化教育研究所」作家

団体グループ展1回

林載坤 ImJaeGon 群山大学校産業デザイン科卒業現「ダムンカリグラフィーデザイン」代表団体グループ展4回
鄭允嬉 Jeong,YoonHee 現「筆と遊ぶ家」代表個人展1回、団体グループ展5回2018/2017/2016 文化/芸術指導

2017ハングルサランカリグラフィー公募展大賞

黃正喜 Hwang, JungHee 現「手で作る世の中」代表団体グループ展6回個人ブース展1回