柴田眞理子 side a /side b

Share on Facebook

2010年10月6日(水)~10月18日(月)
11:00~19:00 火曜休廊 (最終日17:00迄)
marikoshibata.jpg31(W)×24.5(D)×23.5(H)cm
Photo: Tetsuo Ito
柴田真理子 Mariko Shibata
1990 愛知県立瀬戸窯業高校専攻科陶芸専攻修了
1995 「第4回国際陶磁器展美濃’95」審査委員特別賞、多治見市特別展覧会場(多
治見)
1996 「現代陶芸の若き旗手たち」 愛知県陶磁資料館(瀬戸)
「磁器の表現-1990年代の展開」 東京国立近代美術館工芸館(東京)
1997 「第4回美の予感」 高島屋(東京日本橋、大阪、京都、横浜)
「個展」 瀬戸市美術館
1998 「陶芸の現在的造形」 リアス・アーク美術館(気仙沼)
1999 「陶芸の現在-土の形態学」 高島屋(東京日本橋、京都)
「個展」 INAX世界のタイル博物館企画展示室(常滑)
「やきものの20世紀」 滋賀県立陶芸の森(信楽)
2002 「現代陶芸の100年」 岐阜県現代陶芸美術館(多治見)
2003 「アンソンマチュム陶芸フェスティバル国際招待作家展」 ANSEONG   MACHUM博物館(韓国)
2004 「カタチを切るー日本の現代陶芸」 岐阜県現代陶芸美術館(多治見)
2005 「陶芸作品秀作展」 パラミタミュージアム(四日市)
「瀬戸現代陶芸展」 瀬戸市美術館
2006 「Asian Ceramic Delta : Korea, Taipei and Japan」 Icheon World
Ceramic Center(韓国)
2007 「Asian Ceramic Delta : Korea, Taipei and Japan」 Taipei County
Yingge Ceramics Museum(台湾)
「魅せられる・・・今、注目される日本の陶芸展」 滋賀県立陶芸の森
(信 楽)
「アジア陶磁デルタプロジェクトじゃんけんぽんの考え方ー勝ち負けのな
い共存」 岐阜県現代陶芸美術館(多治見)
2008 やきものの現在」 多治見市文化工房ギャラリーヴォイス(多治見)
「魅せられる・・・今、注目される日本の陶芸展」 ニューオータニ美術
館(東京)
「魅せられる・・・今、注目される日本の陶芸展」 静岡アートギャラ
リー(静岡)
「パラミタ陶芸大賞展」パラミタミュージアム(四日市)
パブリックコレクション
  外務省国際交流基金、愛知県陶磁資料館、岐阜県現代陶芸美術館、
韓国ANSEONG MACHUM博物館、パラミタミュージアム
shibata
shibata
shibata
shibata
R0014080.JPG展示風景
R0014077.JPG華の静物
R0014071.JPG壁作品
R0014056.JPG蓋物作品