関根正文の金工作品展

Share on Facebook

2016年9月7日(水) 〜9月12日(月)

関根正文の金工作品展

■ 銀錫の作品について
金属のなかでも錫は柔らかく、意外な温かさを感じる素材です。
銀錫のしっとりとした銀色の趣は、ほかの素材にはない美しさがあります。
銀錫の表面に打ち付けた鎚目(つちめ)や、鏨(たがね)での彫り跡の輝きは、
無彩色の金属に新たな色彩を付与するような雰囲気を醸しだしています。
その中から生まれた作品を、いろいろな生活のシーンで楽しんでください。

FullSizeRender

■ 略歴
1973 東京芸術大学大学院美術研究科彫金専攻修了

- 主な出品歴
1995 JAPANESE CONTEMPORARY JEWELLERY ベルギー ゲント市立美術館
1995 日本の作家30人によるコンテンポラリー・ジュウリー展 東京国立近代美術館工芸館
1995 JAPANESE STUDIO CRAFTS イギリス ヴィクトリアアルバート美術館
2000 「うつわをみる」展 東京国立近代美術館工芸館
2001 見えない箱からの鋭い叫び展 目黒区美術館
2001 Japanese Contemporary jewelry イギリス クラフトカウンシルギャラリー
2002 インターナショナルコンペティション Nature and Time ドイツ ハーナウ

- 受賞歴
1982 ‘82日本クラフト展 日本クラフト賞(グランプリ)
1990 ‘90日本クラフト展 優秀賞受賞

- パブリックコレクション
1971 卒業制作作品 東京芸術大学資料館
1991 1993 東京国立近代美術館工芸館
2000 豊田町香りの博物館

(公益社団法人) 日本ジュウリーデザイナー協会 副会長
(公益社団法人) 日本クラフトデザイン協会 理事
特定非営利活動法人日本臨床美術協会 理事
ドイツ・インターナショナル・ジュエリーアート協会 会員

img_4973img_4966 img_4967 img_4968 img_4969 img_4972  img_4976