モニカ・マルセッラ展

Share on Facebook

2008年12月20日(土)~12月28日(日) 
11:00~19:00(最終日17:00まで)
12月22日月曜日休廊

ノルウェーの陶芸作家モニカ・マルセッラさんは、数年前から「Porcelain daughter’s diary=(磁器少女たちの日記)」というシリーズを制作しています。
真っ白い磁土で作る手のひらに乗るほど小さな人形たち。その生き生きとした表情やしぐさは愛らしいだけでなく、ちょっと生意気だったり、気難しそうだったりもします。
人形のモデルは、彼女の二人の娘たちだとか。
手にとって見ると無垢の土の重みが心地よく、小さい体にギュッとエネルギーが詰まっているようです。
今回は12月26日の”ボクシング・デー”(欧米ではクリスマスプレゼントの箱を開ける日)にちなんで、人形たちは箱入りです。
日本初公開のモニカ・マルセッラの人形展をぜひお楽しみください。
lovecarrot_lover2.jpg
world_in_black_and_white_small.jpg