RYUSAKU MATSUDA SOLO EXHIBITION [AS TIME GOES BY]

Share on Facebook

matsuda-22014年10月15日(水)ー11月3日(月)
※10/21,28は休廊

ごあいさつ

2011年3月11日は誰もが忘れられない出来事がありました。
奇しくも私にとっては、最大震度7という宮城県北部、風の沢ミュージアムでの、半年間にわたるロング個展の年でした。
この年の2月、まだ雪の残るこの地に1回目の搬入。今回使用した竹は全てこの地震を体験しています。幸いにもミュージアムの建物、作品には大した影響もなく、世の中が騒然とする中、4月中旬から10月まで展示しました。
その後の3年間もそのまま、囲炉裏のある部屋の梁の上で、煙に燻されていました。今春、茅葺屋根の修理のため、私の元に戻ってきました。竹の色の変化に時の重みを感じながら、今回と制作となりました。
2011年はこの展示期間中に、私事ですが父の死、求龍堂からの作品集出版が決まり撮影もスタートし、1ヶ月の個展、他にも展示会があり、何とも忙しい年でした。風の沢にも毎月通い、被災地を訪れ、ささやかなボランティアもしました。未だ復興の遅れている今、私の出来ることは、この煤けた竹を見て時の重みを感じていただければ、と願うことのみです。
松田隆作

松田隆作 略歴
1948年、兵庫県高砂市生まれ。フラワーデザイン、いけばな、コンテンポラリー・アートの各分野で作家活動を続ける。国内外での個展多数。
studio Matsuda 93主宰
http://ryusakumatsuda.com

著書:『現代のフラワーアーティスト9  松田隆作』(京都書院)/『季節の花をいける』(講談社)/『contemporary floral art Ryusaku Mastuda』(stichtingkunstbook)/『松田隆作作品集 いけばな組曲 SUITE: IKEBANA AS LIFE RYUSAKU MASTUDA』(求龍堂)ほか。

【展示風景】
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE