一刀の無限

Share on Facebook

2008年7月16日(水)~7月28日(月) 火曜日休廊

木田安彦さんが、版画制作の集大成として取り組まれている「西国三十三ヶ所」
全三十六ヶ寺の制作も五年目に入り、いよいよ版画の彫りが完成に近づいています。
木田さんの版画は、色とりどりの絵具で板に直接下絵を描き、彫りすすめる独特の
手法によるものです。
その色彩豊かな下絵に沿う緻密な彫りの痕跡は、それだけで固有の美しさをもち、
まさに想像力をかき立てられます。
しかし、これはあくまでも制作過程であり、墨をのせ和紙に摺る段階で真っ黒に姿を
変えてしまいます。
これまで作者以外は滅多に目にすることのなかった、摺りに入る直前の
束の間の版木の美しさを皆様の目にもとどめていただきたく、
本展が開催されることとなりました。木田さんには最終の「摺り」に入らず、
ここでしばらく手を止めてもらっています。
大胆で繊細な作品で多くの人々を魅了する木田版画の「素」の部分を垣間見られる
貴重な機会です。ぜひご覧いただきたく思います。
三宅 一生
●『祈りの痕跡。』展〈有料〉にて
左右9m余り(650点)に増殖した『不動曼陀羅』を出品しています。
21_21 DESIGN SIGHT 7月19日(土)~9月23日(火) 11:00~20:00[火曜日休館]
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウンガーデン内  TEL 03-3475-2121
kidayasuhiko2.jpg