カテゴリー別アーカイブ: 2018年

矢口檀展

矢口檀展

2018年7月18日(水)  ~  7月23日(月)
11:00  ~  19:00 (最終日は16:00まで)
個展DM2018

墨の魅力にとりつかれた私は、日本画と水墨画の間をたゆたいながら、いつもこころのままに絵を

描いています。

初めて襖絵にも挑戦。

無地でもじゅうぶん美しい襖に何かを描くのは、誰にも汚されていない雪原を踏むような緊張感が

あります。

私はいつも「惜墨如金」という言葉を胸に筆をとります。(金のごとく墨を惜しんで使うという意

味)

不要なものをそぎ落とし、シンプルに、大胆に、墨や箔や岩絵の具や自然の力を借りながら、無限

の世界へ漕ぎだしていく、そんな気持ちでいつも制作しています。

また、Artを身近に楽しんでいただけるように、今回はブローチも用意しました。

こちらは、敬愛する木工作家のミニ額ブローチへ小さな作品を入れたものです。

是非ご高覧頂けましたら幸いです。

 

Attracted by the charm of Indian ink, I always paint as my mind tells, floating between Japanese

painting and Indian ink painting.

I tried fusuma painting for the first time for this exhibition.

The plain Japanese paper on fusuma has its own beauty.

Drawing on it gives me tension as if leaving footprints on untrodden snowfield.

I keep the word Chinese proverb “惜墨如金 (sparingly using ink as gold)” in my heart whenever

I draw Indian ink painting.

I start off fearlessly, with help from Indian ink, natural mineral pigment, gold and silver leaves, and

the power of nature, aiming at simplicity.

I also produced brooches, so that you can feel art more familiar.

They are small works put in miniature wooden frames made by a woodcraft artist I admire.

We are looking forward to seeing you in this exhibition.

2018 ART夢展

2018 ART夢展

2018.1.24WED~1.29MON

名称未設定-1小

二宮隆照 メタルトイズアート

江川文篤 ウォーターペンシル

西島和夫 イラスト

江川信子 皮革工芸

西島弓子 手織り

川上邦夫 光のオブジェ

坂口善英 陶芸

森田剛 CG Textile

谷口守孝 ガラス絵

IMG_0074IMG_0066 IMG_0068 IMG_0069 IMG_0070 IMG_0071 IMG_0073